beyondnone.com

DIY、本のレビュー、断捨離、不動産取得、洋服修繕、株式分析、webサイト運営、php開発、タウン情報、等のライフスタイルに関するお役立ち情報。

書評 株式

10万が100万になる株の本当の探し方 個人投資家ブロガーすぽ著を読んでみた

投稿日:2020-06-23 更新日:

 

スポンサーリンク

ざっくり感想

本書で推奨している投資法を端的に言うとビジネスモデルの良い成長株を割安な価格で買えということである。

言葉にしてみるとやや陳腐な印象であり、それができたら苦労しないみたいな話であるが、私としては学びがあったし、今まで敬遠していた成長株投資を少しずつ挑戦してみようという気になった。

分かりやすく書かれておりかといって中身が薄いというわけでもない、私のような初心者にとっては良書だと感じた。

 

スポンサーリンク

何でこの本を買って読んでみたのか

コロナショックの時にいろいろと関連する情報を Twitter 上で眺めていたところ今回のコロナショックについて(原因がコロナというところまでは予想はしていなかったものの)近々急落が有る可能性が存在するという想定をSNSなどで事前に公開していたのは、エミン氏と、この本の著者であるすぽ氏だけだったという話を見た。

そこでどういったことを考えて株式投資をしているのかということを知りたいと思いこの本を買ってみた。

しかし先に書いてしまうと、この本は基本となる投資株式投資のセオリーを書いた本でそういった市場全体の急落を予想するというような考え方については一切書かれていないので注意が必要である。

すぽ氏の株式市場の予想のにまつわる話についてはブログやノートなどに記述されてるようなのでそちらを読むといいだろう。またこの市場全体の考えについてはタレブのブラックスワンやマンデルブロの禁断の市場などを呼んでもいいかもしれない。 

自分なりの気づき

自分自身はビジネスの筋がいい成長株を買うということについて、敬遠していた。なぜかというと大体そういった株は煽り屋まがいがついていて気持ち悪いし、日本人的な気質なのか逆張り思考が自分は強すぎて、指標だけで見ると常に高値圏にあるように見える成長株はなかなか買えないなあというところで敬遠していた。

なので自分の投資スタイルとしては一部上場のほとんど値動きのない大型株をちょっと安いレンジで買うかミックス係数の低いバリュー株を買うといった投資行動しかしてこなかった、二つの投資スタイルではお金は大きく減りはしないが増えもしない、はっきりいうと手数料分だけ負けるというような具合である。

しかしこの本を読んでその考えは多少変わった。

ビジネスモデルについては

1、ストック型

2、消耗品高収益型

3、プラットフォーム型

4、地理的優位型

5、シェアナンバーワン

という形で分けて理解し整理する、そして自身が理解できる形で把握し投資をしていく、というのは当然理にかなっているし自分でももしかしたらできるかもしれないというような気になった。

結局何事も自分で何事をなすにしても自分でそのやり方や過程をイメージできないとなかなか踏み出すのは難しい 。

まとめ

とりあえず自分自身では身近な株式会社(ビジネスモデルが理解できる会社)をいくつかピックアップして割安と測り実際に投資してみようと思うが今種銭がないので小規模て勉強も兼ねてやっていくこうと考えている。

中長期投資を学びたいのであればわかりやすくお薦めの良書

kindle版

単行本

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-書評, 株式

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「私の財産告白」 本多静六 読んでみた

株式の勉強をしていると色々なところで本書について書かれているのを見るので、読んでみた。  スポンサーリンク ざっくり感想 この本に書かれていることはことごとくまともで納得できる。ほとんどの自己啓発本の …

世紀の相場師ジェシーリバモア読んでみた -ピボタルポイントとは相場転換点のこと

 スポンサーリンク 結論 結論から言うと読み物として興味がある人は読んでみると良いのでは、という内容。 いわゆる「リチャード スミッテン 版」である。トレーダーからの評判は「ルフェーブル版」の方が良い …

本多静六 「人生計画の立て方」読んでみた。耳が痛い話だが大事…。

 スポンサーリンク ざっくり感想 印象に残ったのは、「計画は自分でたてるのであれば嫌な事を強制される事では無い」という要旨の部分と、男性は40で子供も手がかからなくなり、一家の主となる云々、のところ。 …

「phpの絵本」(アンク著) 読んでみた

 スポンサーリンク ざっくり感想 かなりわかりやすいと感じたが、初版のもので内容が古く、誤植なども多数あった。そのため、「PHPの絵本 第二版」というのを買いなおした。これから読もうと考えられている方 …

家主と地主という雑誌を買ってみた

不動産は資金が無く買えないが、雑誌が近所の書店にあったので買ってみた。惹かれたのは、表紙にあった「家賃より三倍儲かる レンタルスペース運営者座談会」という点である。 自身ではないが友人が使い道に困って …