beyondnone.com

DIY、本のレビュー、断捨離、不動産取得、洋服修繕、株式分析、webサイト運営、php開発、タウン情報、等のライフスタイルに関するお役立ち情報。

株式

1分でわかる自社株買いとPBR、BPSの関係

投稿日:

 

スポンサーリンク

自社株買いの前提(イメージ)


例えば純資産100円の会社が株を2株出してて、1株自社株買いして消却するとします。

PBRが0.5の場合


PBRが0.5だと一株25円でBPSは50円です、一株買うと純資産が75円になり一株消却するので残り一株のBPSは75円に増加します。

PBRが1.5の場合

PBRが1.5だと一株75円でBPSは変わらず50円です、一株買うと純資産が25円になり一株消却するので残り一株のBPSは25円に減ります。

PBRが1の場合

前述の通り考えるとPBRが1の場合、BPSは変化しません

 

スポンサーリンク

結論

一般的にPBRが1を超えた水準で自社株買いをすると純資産が減額するので、直近では株主資本を減らすことになります。

だがしかし、未来の配当が減るということであるので将来の利益の増加が多く見込めるのであれば、PBRが1を超えた水準での自社株買いであっても将来的には株主資本の増加に寄与する可能性が有ります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-株式

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高勝率トレード学のすすめを読んでみた [株式トレード本]

 スポンサーリンク 高勝率トレード学のすすめを読んでみた ざっくりした感想としては、おおむねトレードには役に立ちそうではあるが、日本語訳だからか少々読みにくいのと、同じようなことが繰り返し書かれている …

ブラックスワン ナシーム・ニコラス・タレブ 読んでみた

 スポンサーリンク ざっくり感想 長く上下巻に分かれており、作者の小説チックな感想だったり、小話のような記述が多く含まれており若干冗長な印象。 同著者の「まぐれ」も読んでおり、それよりさらに水増しされ …

ウォール街のランダムウォーカー 原著第10版 株式投資の不滅の真理 バートンマルキール 読んでみた

 スポンサーリンク ざっくり感想 おすすめだけど長いので、時間が無ければもっとお手軽な書籍が良いかも いわゆる古典と言われるような株式投資の指南書であり、内容は非常に有益だった。 巷のインデックス投資 …

証券分析 グレアム 読んでみた

 スポンサーリンク ざっくり感想 とにかく長い。 長いが数十年前の書籍にも関わらず現代でも通じる投資手法を記述している。 米国などでは市場が効率化しておりなかなかここを本書で言ってるようなバリュー株は …

デイトレード(オリバーぺレス) 読んでみた 当たり前ですが読んでも勝てるようにはなりません 有効なのはトレード日誌をつけること

 スポンサーリンク ざっくり感想 すべての投資系書籍に言えることなのだが、本を買って読んだだけで勝てるようには当然ならない。というか短期投資に関して言うとほとんどの人が負ける。多少勝ってもかけた時間や …