beyondnone.com

DIY、本のレビュー、断捨離、不動産取得、洋服修繕、株式分析、webサイト運営、php開発、タウン情報、等のライフスタイルに関するお役立ち情報。

ライフスタイル 書評

本多静六 「人生計画の立て方」読んでみた。耳が痛い話だが大事…。

投稿日:2019-07-28 更新日:

 

スポンサーリンク

ざっくり感想

印象に残ったのは、「計画は自分でたてるのであれば嫌な事を強制される事では無い」という要旨の部分と、男性は40で子供も手がかからなくなり、一家の主となる云々、のところ。両方とも耳が痛いが真実であると思う。

若い時分によんで自分自身がこうなりたいという計画を立てておけば良かったと思うが、今からでも出来る部分はあるので実践していくしかない。

 

スポンサーリンク

計画というものについての捉え方

計画というとなにか計画に縛られて無理をさせられるというようなイメージを持っていたが、この考え方自体が幼少期に自分以外の他人(親や教師などなど)の計画を強制されてそれに沿った行動をさせられた、という受動的な経験によるアレルギー反応に過ぎない。

確かに著者の言うとおり自ら能動的に立てた自分自身の計画であれば、自分自身が好きでやりたいゴールに向かって立てるものであるから、嫌なはずがない。むしろ好ましい未来に向かっていくステップを整理したものなのだから、意欲的に取り組めるはずだ。しかも自分でたてた計画であるので、日々現実に即した形で改善する事ができる。言われてみると当たり前の事なのだがコロンブスの卵で、目からうろこだった。

結婚観、人生観について

おそらく著者の想定としては25くらいで結婚し1~2年で子供が出来、2~3人子供が出来て末っ子の手があまりかからなくなるのが40くらいで、そこから一家の主として一人前になる。というような想定だろう。

自分の身に鑑みてみるとそのような年齢になっても著者の想定とはかけはなれており、もう少し早くこの本を読んで行動していればなぁ、と思うところがある。

ただ過去を振り返りすぎてもしょうがないので現時点で出来る事をやるしかないのだが、時間がもう無いので体を壊さない程度にMAXでやるしかない。とにかく危機感は持てたという自覚はある。

若い人にはうっとおしいと思われない程度に、結婚等は早めにした方が良いよ、とアドバイスしたいところだ。

仕事について

著者は仕事に興味を持ち、仕事道楽化をして蓄財せよと常々言っている。しかし仕事に興味が持てない、という人も多いと思うし自分もそのうちの一人だった。

皆自分なりに、数多ある仕事のうちまあ比較的興味のある仕事をしているはずだ、しかし仕事への興味というのは、立場や時期によって強まったり薄れたりするものだと思うので、やはり他の仕事よりはまだマシだと考え直して、自分なりの仕事スイッチみたいなものを作っていくしかないかなと感じた。

まとめ

著者は今でいうところの意識高い系の一つの頂点であると思う。その著者の言うところであるので、私のような人間からすると本人はそんなつもりは無くともかなり高い要求レベルの部分が散見されると感じる。

いうなればスーパー意識高い系向けの自己啓発本といったところか。

高い目標を立てて、それを実行・修正していく、なかなかハードルは高いが可能な範囲で努力していくしかない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ライフスタイル, 書評

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ちょっとの水を沸騰させるだけで茹で上がる、パスタのめちゃうまい節約倍速スピード調理法。目からウロコ。

TVでyoutubeキャンプ芸人のヒロシさんが紹介してた、パスタをあらかじめ水につけておくとうまいという調理法。燃料の節約にもなるし、調理時間もかからないといういいことづくめの方法なので、自宅で実際に …

株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる 中原 圭介  を読んでみた

株の勝ち方は外国人が全て教えてくれる 読んでみた。単行本 – 2006/5/18発行。 ※ちなみに上記の画像はただのギャグです。株とか不動産とかのサイトって左上みたいなアイコン使ってるところ多いと思い …

ギャラリーフェイク13巻読んでみた

やっぱり面白い。  スポンサーリンク 特に刺さったエピソードは以下 ・カンボジアクエスト(前・後編) →ラストの少年の行動は涙無しには見られない ・連立不当方程式 →着眼点が面白い。やっぱり自然に学ば …

不要な本を断捨離(こんまり)する方法について。まだ読める本は売却して有効活用する。

 スポンサーリンク 部屋を整理し、思考も整理したい 部屋があまりに散らかっているとついつい目に入ったものに気を取られて、散漫な思考になってしまったりする。片付けのためにはモノを減らすのが一番良い。今は …

ブラックスワン ナシーム・ニコラス・タレブ 読んでみた

 スポンサーリンク ざっくり感想 長く上下巻に分かれており、作者の小説チックな感想だったり、小話のような記述が多く含まれており若干冗長な印象。 同著者の「まぐれ」も読んでおり、それよりさらに水増しされ …