beyondnone.com

DIY、本のレビュー、断捨離、不動産取得、洋服修繕、株式分析、webサイト運営、php開発、タウン情報、等のライフスタイルに関するお役立ち情報。

書評

アドラーの「本を読む本」読んでみた。個人的にはそこまで面白いとは思えなかった。

投稿日:2019-07-15 更新日:

アドラーの本を読む本を読んでみた。

 

スポンサーリンク

ざっくり感想

別に楽しい本では無く、まあこんな考え方も有るんだなというイメージ。興味ある人は読んでみればというレベルで、個人的には特にお勧めしない。ちなみに私は読み進むのが苦痛なレベルだった。

こんな読み方してたら、どんな本もつまらなくなるだろうなと思わせる読み方を紹介してくれる。なにか研究をするというのであればこういった精読の仕方をすると良いのかもしれないが。

高校生の時に、現代文を分解して読み解こう!みたいな授業があって、現代文なんだからそのまま読めば既に答えだろうと思っていて、毎回非常に退屈だった。なんでいまさらそんなことをするんだろうと、その遠い昔を思い出させてくれる内容だった。

こういった本を読む時にいつもボリュームを10分の1くらいに出来なかったのか、と思う。

 

スポンサーリンク

ざっくり内容

本は積極的な行為、TVをみるなどの受動的で自分の脳を使わないパッケージ化された理解では本を読むような深い理解は出来ない。

読書には大きくレベルがあるらしい

・字が読め、文の意味が分かるレベル

・点検読書、目次レベルの読み

・分析読書、内容をアウトラインで掴む読み

 →本の分類をすること

 →統合した見解を言えるようにすること

 →アウトラインをとらえる

 →作者の論点をとらえる

 →重要な単語の使い方を理解する

・シントピカル読書 → 一つのテーマについて複数の本を読む

感想

ふーん、そうですねという感じ。なんか当たり前の事過ぎて批判するすきも無いが、目新しい発見もそこまでなかった。若い人向けの本と思う。

読んでてふと思いついたのが、 読書には段階があり、高次段階の一つに手助け無しに本を探し読み進めていくというのがあるとのこと。

最近はやりの人工知能との深い谷はここら辺にある気がする。

本を読むというのは能動的な行為だが、AIによるディープラーニングでの本の理解と、人間が本を読むことによる理解というのは、この能動性の有無(プログラムしてもそれは単なる自動関連検索プログラムだろう)によって決定的な谷が有り、その溝は埋まることが無いのではということだ。

後は本を読んで、この本は価値が無かったとか調子に乗ってはいけないのだなという示唆もあった、なぜかというと内容を理解できていない可能性が有るからだ。これはその通りだなと思った。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-書評

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ギャラリーフェイク13巻読んでみた

やっぱり面白い。  スポンサーリンク 特に刺さったエピソードは以下 ・カンボジアクエスト(前・後編) →ラストの少年の行動は涙無しには見られない ・連立不当方程式 →着眼点が面白い。やっぱり自然に学ば …

お金は寝かせて増やしなさい みずせけんいち 読んでみた

 スポンサーリンク ざっくり感想 インデックス投資のやり方を分かりやすく説明した良書である。 ウォール街のランダムウォーカー読みたくなる。 ときおり漫画っぽい挿絵が入っており読みやすい本だと感じた。 …

「マーケットの魔術師」ジャックシュワッガー 読んでみた[株式トレード本]

 スポンサーリンク 概要 ジャックシュワッガーのトレーダーが読む定番本である「マーケットの魔術師」。 実際にその時代で大きく勝っていた人達の話なので、現在そのままの手法が通用するかは置いといて、間違っ …

「出来高、価格分析の完全ガイド」 アナクーリング 読んでみた [株式トレード本]

 スポンサーリンク ざっくり感想 結論として中表紙にはFXトレーダー向けと書いてあるが、株のトレードに置いても、考え方や、市場の動きに関する一つの知識として役立つ本だと思う。  スポンサーリンク この …

「phpの絵本」(アンク著) 読んでみた

 スポンサーリンク ざっくり感想 かなりわかりやすいと感じたが、初版のもので内容が古く、誤植なども多数あった。そのため、「PHPの絵本 第二版」というのを買いなおした。これから読もうと考えられている方 …