beyondnone.com

DIY、本のレビュー、断捨離、不動産取得、洋服修繕、株式分析、webサイト運営、php開発、タウン情報、等のライフスタイルに関するお役立ち情報。

書評 株式

TFブレイクアウト読んでみた [株式トレード本]

投稿日:2019-06-20 更新日:

 

スポンサーリンク

ざっくり感想

感想としては、こういった手法が通用した時期が確実に存在したのだろうなという印象。株式相場で勝つ手法は日々変化するので。

他の印象としては図解がバーチャートなので、ローソク足になれている日本人は見にくいかもしれない、私も見にくかった(ちなみに著者も日本人なのですが…)。

テクニカル手法でシステム化が出来そうなのでシストレ向けの手法かもなーとも思った。

本の構成としては序盤に手法の解説があり、終盤に手法を実際の市場で使った具体的な実践結果等が書いてある。

 

スポンサーリンク

初めに

まずこの本はTOKYOFOXさんという方が書いた「TFブレイクアウト」というトレード手法紹介の本である。

TFブレイクアウトという手法の概要

TFブレイクアウトのTFとは「トレンドファブリック(トレンド構造)」という意味でその名の通りブレイクアウト手法(※1)の一種らしい。

※1 ブレイクアウトとはある価格まで上昇したら買い、ある価格まで下がったら売る、という手法。ある価格を「ブレイクアウトポイント、もしくはエントリポイントという

つまり底値や天井を正確に予測することは不可能なため、上げトレンドになったら買えばいいし、下げトレンドになったら売ればよい。という考えに基づいたトレード手法ということだ。

トレンドの定義とエントリポイント

上げトレンドは、高値更新、安値切り下げ

下げトレンドは、安値更新、高値切り下げでトレンドと判断し、そこでエントリする。何回出ればとかは一番気になるところかと思うがそこは結局個々人の判断かなと思う。

利益確定について

利食いにはトレイリングストップを使うとのこと。ストップは戻り高値を更新したときの二つ前の押し目と同水準に設定する。また、トレンドが変化した場合も決済する。

注意点

テクニカルは出来高の多い銘柄じゃないと機能しません…。(その通りですね)

取引においてマネーマネジメントは重要。またトレードを高める目的で著者はコーチング等も重要視していたとのこと。

また、自分の得た知識を与えることも重要との事、確かに自分に知識を定着させるためにはアウトプットする事でより知識が定着するというのはあるかも。そういった得た知識を与えるというのは仏教の八正道の影響もあるようだ。

補足

それと本文中に、縦軸を勝率、横軸を利益/リスクとした「勝率表」というマトリクスが書いてあった。表では利益/リスクが100%の時に勝率が50%と書いてあって数字の信ぴょう性はよくわからなかったが、勝率をこういった切り口で見る方法も有るのだなと感じた。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-書評, 株式

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「マーケットの魔術師」ジャックシュワッガー 読んでみた[株式トレード本]

 スポンサーリンク 概要 ジャックシュワッガーのトレーダーが読む定番本である「マーケットの魔術師」。 実際にその時代で大きく勝っていた人達の話なので、現在そのままの手法が通用するかは置いといて、間違っ …

「賢明なる投資家」 ベンジャミン・グレアム 読んでみた [株式トレード本]

 スポンサーリンク ざっくり感想 堅実な投資を志向する人には参考になる。ギャンブル投機でコイントスチャンピオンを目指すひとには向かない本。書いた人はグレアムという米国株式市場のレジェンド投資家。 私は …

ブラックスワン ナシーム・ニコラス・タレブ 読んでみた

 スポンサーリンク ざっくり感想 長く上下巻に分かれており、作者の小説チックな感想だったり、小話のような記述が多く含まれており若干冗長な印象。 同著者の「まぐれ」も読んでおり、それよりさらに水増しされ …

ゼロ秒思考を読んでみた 実際に行動が変わる有効なメソッドだと思います

 スポンサーリンク 自分にとっては行動が変化させられる本だった。 この本で提案していくことは簡単に言うと自分の思考を A 4横書きのメモに書き出していって整理しようということである。 事前に整理をして …

本多静六 「人生計画の立て方」読んでみた。耳が痛い話だが大事…。

 スポンサーリンク ざっくり感想 印象に残ったのは、「計画は自分でたてるのであれば嫌な事を強制される事では無い」という要旨の部分と、男性は40で子供も手がかからなくなり、一家の主となる云々、のところ。 …