beyondnone.com

DIY、本のレビュー、断捨離、不動産取得、洋服修繕、株式分析、webサイト運営、php開発、タウン情報、等のライフスタイルに関するお役立ち情報。

書評 株式

お金は寝かせて増やしなさい みずせけんいち 読んでみた

投稿日:

 

スポンサーリンク

ざっくり感想

インデックス投資のやり方を分かりやすく説明した良書である。

ウォール街のランダムウォーカー読みたくなる。
なんか中にちょっと漫画っぽい挿絵とかまれに入っていて読みやすい本だと感じた。
しかも投資する上で個人的に一番のキモであると考えている期待値と分散の話もきちんと書いてある。
自分が初心者で個別株の勉強をするヒマが無いけど投資をしてみたい、という人がもしいたらこの本を勧めると思う。

 

スポンサーリンク

ポイントと思ったところ

インデックス投資といえど、リーマンショック等の暴落が来たら元本割れするが、そこで切らなければ回復する可能性が非常に高いので持ち続けることが大事だということ。
もう少し具体的な行動に落とし込んで説明すると暴落時には証券口座を見るのはやめたほうがいいと思うそしてこの本で進めてる通り年末年始などの時間のある時にまとめてインデックスのポートフォリオを見直すそれだけで良いと思う

リスクとリターン期待値と分散の関係について

だが、自分も全然わかっていないので、リスク=分散でありまたリターン=期待値と言う言葉の対応が分かってなかったのでこの本を読んで気づくことはでき自分にとっては非常に良かった

慣用句的にリスクとリターンを考えて行動しようとかなんだか自分も使ってたような気もするがこういったことはの対応があるということを理解して使っていなかったので今思えば無知で恥ずかしい使い方をしていたと思う。
普通日本でリスクという言葉を交互の文脈で使う場合はネガティブなインパクトのことを指すことが多いか統計学ではリスクとはプラスマイナスの数字のバラツキといったぶんさんの概念を指す。
こうやってもリスクとリターンと言うセットで話をする場合は統計学的な方法両方で使っているはずなのでリスクとは標準偏差(リターン結果のばらつき)のことを指し分散の考えを指すはず、そしてリターンとは期待値のことを指すはずである 。

ネット上の投資家先生達について

なんかネット上で偉そうに講釈垂れている自称投資家の人たちもほとんどは期待値と分散を理解できていないし(ただもちろん理解してなくても株は勝てるし、実際私なんかよりみんな資産も多くてうまいのかもしれない)、リスクとリターンもネガティブインパクト、 損と得という意味ぐらいにしか使っていないと思う。そういう人は話だったりとか書いてあることを見ると理解していないことがすぐ分かるので勉強するとそういったインチキ投資家もどきを看破するのに役に立つ。

しかしそういう人ほどそういう人に限ってかなり偉そうに書いていたりするので後から自身が勉強して分散と期待値はリスクとリターンの意味が 理解できた時にどうするのだろうかどういう対応をとるのかちょっと気になる過去の記録などはやっぱり消したりしちゃうんだろうね。
まあそういった人たちは短期目線で初心者投資家を狩って儲けられれば良いのだろうから、それはそれで戦略として正解なのだと思う。
資産作って市場から抜ければ勝ち逃げはできるだろうし。

結論

良書であるのでインデックス投資をやってみたいと考える人は一読するといいと思う。もっと気合入れてインデックス投資のバックボーンとかを知りたい人は バートンマルキールのウォール街のランダムウォーカーを読むと良い、ウォール街のランダムウォーカーを読むのであれば本書は読まなくていいかもしれない。

 ※ただし長いので、ランダムウォーカーは時間がある人向け。

The following two tabs change content below.
ビヨンド
・関東地方に住む ・DIY好きな ・男性

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-書評, 株式

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1年目から成功する不動産投資 村田式ロケット戦略のすべて ~ 一年目から成功する ~ 村田幸紀 読んでみた

 スポンサーリンク コンテンツ ざっくり感想記述されている内容これはその通りだと思ったこと個人的に疑問に思ったのは地方にチャンスがあるというところ。巻末の記載感想まとめ不動産投資の優位性 ざっくり感想 …

家主と地主という雑誌を買ってみた

不動産は資金が無く買えないが、雑誌が近所の書店にあったので買ってみた。惹かれたのは、表紙にあった「家賃より三倍儲かる レンタルスペース運営者座談会」という点である。 自身ではないが友人が使い道に困って …

敗者のゲーム原著第5版 チャールズエリス 金融危機を超えて読んでみた

 スポンサーリンク コンテンツ ざっくり感想 良書であるので是非一読すると良いと思う内容で印象的だった部分インデックス投資は投資のドリームチームである投資戦略は明文化せよということローゼンバーグ教授の …

TFブレイクアウト読んでみた [株式トレード本]

 スポンサーリンク コンテンツ ざっくり感想初めにTFブレイクアウトという手法の概要トレンドの定義とエントリポイント利益確定について注意点補足 ざっくり感想 感想としては、こういった手法が通用した時期 …

「出来高、価格分析の完全ガイド」 アナクーリング 読んでみた [株式トレード本]

 スポンサーリンク コンテンツ ざっくり感想この本に書かれてるVPA手法の根幹となる考え方著者が持つ市場の値動きについての捉え方著者がこの考えに至った経緯操作された値動きかを見極めるために出来高を併せ …