beyondnone.com

DIY、本のレビュー、断捨離、不動産取得、洋服修繕、株式分析、webサイト運営、php開発、タウン情報、等のライフスタイルに関するお役立ち情報。

書評 株式

「私の財産告白」 本多静六 読んでみた

投稿日:

株式の勉強をしていると色々なところで本書について書かれているのを見るので、読んでみた。

 

スポンサーリンク

ざっくり感想

この本に書かれていることはことごとくまともで納得できる。ほとんどの自己啓発本の類がそうだが、海外の物と違って日本人が書いたものなので、日本人の考えにフィットしてる気がする。

まともすぎるので、そんなことはわかってるよ、という方でも一読して考えを再確認してもよいとすらおもう。

本多の言ってることを要約すると、

  • 財産を作るにはまず目的が大事(生活の安定、子孫の幸福とかがありがち)
  • 蓄財は誰でも出来るよ
  • まず本業頑張れ、楽しんで仕事しろ、職業道楽化
  • 財産はまず見栄を捨て倹約して現金をため、安全に投資する事
  • 本業の給料の四分の一を入金投資すること、アルバイトもしろ
  • でも財産溜めたからって、子孫に引き継いだら堕落するかもしれないし、相続税の改易などでそもそも引き継げないかもしれないので、自分は大部分を寄付したよ

という事である。

そもそも

そもそも自分が株式に興味を持った理由はいくつか有るが、やらないといけないのかも…と実際のきっかけとなったのはピケティのr>gの話である。

正直言って投資に、表面的な生産性を見出すのは難しく、自分は実際に価値を生み出していく人間で有りたいと思っていた。しかし今現在日本の社会構造ではピケティの提示したこの公式のとおり、そういったある意味甘い(浅い?)考えは通用せず、生活の安定等に寄与しないという事がわかりやすく示されたため、当時持株会の株もあったということもあり、行き掛かり上で株式の勉強を始めた。

そういった経緯でなんとなく株式の売買をはじめたは良いが、特に芯となるような考え方が無かったので、もやもやしていたような気がする。

そこにこの本がもやもやしていた暗黙解のようなものを言語化してくれたということだ。

 

スポンサーリンク

印象的な内容

名言のオンパレードなので一部だけ紹介。

(一部要約)雪だるまの芯は大事だよ、芯は給料四分の一貯金で作りなさい。

といっている。くしくもウォーレンバフェットの提唱するスノーボールの考え方を数十年前の日本人が言ってる。このイメージは芯を食ってるのだなと納得。

(一部要約)

財産の処分は難しい、周りの者も気をもむ、財産をつくる最初の目的は、だれしも生活の安定とか、経済の独立とかにおかれるものだが、いつしか「子孫の幸福」につながる親心に発するものとなってくる場合が、大部分である。

まず、子孫を健康に育て、教育をほどこし、相当な財産を分与してやりさえすれば、十分幸福にさせられるものと早合点しがちだが、これは間違いでかえって子孫を不幸に陥れるものだと気づいた。

幸福とは何かと考えると畢竟、幸福とは各自、自分自身の努力と収容によってかち得られ、感じられるもので、ただ教育とか財産さえ与えてやればそれで達成できるものではない。健康も教育も大切だが、大切と合点してる財産だけは全く不用で、それよりももっともっと大切なのは、一生涯絶えざる、精進向上の気魄、努力奮闘の精神であって、これをその生活習慣の中に十分染み込ませることである。

財産がいくらか出来て、子孫の幸福と関連させて考えたところこの結論に至った。

また、相続税の改正などで相続できるかもわからない。そのため財産は学校、教育、公益に寄付することにしてしまった。

上記の部分にはなるほどなと感じ入った。確かに自分に鑑みても大金があったら堕落してしまい、生産的な人生を棒に振ってしまいそうである。

(要約)仕事では遠慮するな(先輩より出世するのを憚った本多は後悔していた)

これも組織で生きるには重要ですね、同僚や先輩に消極的に遠慮していては個人で良い仕事は出来ないし、組織全体でみても生産性が落ちそうです。

お互いに陥れるようなのは言語道断ですが、お互い緊張感をもって切磋琢磨するのが理想ですかね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-書評, 株式

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

世紀の相場師ジェシーリバモア読んでみた

結論から言うと読み物として興味がある人は読んでみると良いのでは、程度の内容。 BNFが読んだ本という噂で、読んだかどうかの真偽は定かでないが、別にBNFの手法となんら関係性が無い。 読んでいて印象に残 …

no image

歴史に学ぶリーダーの研究 読んでみた

フォードの伝記を読みたかったのだが、検索して出てきたのがこれで間違って図書館で借りてしまった本。 そのまま返すのもなんなので読んでみたが、個人的には大部分は面白くも無かったが、いくつか引っかかる部分も …

TFブレイクアウト読んでみた

 スポンサーリンク ざっくり感想 感想としては、こういった手法が通用した時期が確実に存在したのだろうなという印象。株式相場で勝つ手法は日々変化するので。 他の印象としては図解がバーチャートなので、ロー …

no image

ギャラリーフェイク13巻読んでみた

やっぱり面白い。 特に刺さったエピソードは以下 ・カンボジアクエスト(前・後編) →ラストの少年の行動は涙無しには見られない ・連立不当方程式 →着眼点が面白い。やっぱり自然に学ばなくては。人間の脳も …

no image

含み損の商船三井を損切りし、SONYにINした

現物ホールド法を実践していた商船三井だが、2018年度末の急落からずっと含み損を抱えていたが、3月末の配当までには緩やか回復するだろうと思っていたので、以下記事の通りずっとホールドするつもりでいた。 …