beyondnone.com

DIY、本のレビュー、断捨離、不動産取得、洋服修繕、株式分析、webサイト運営、php開発、タウン情報、等のライフスタイルに関するお役立ち情報。

書評 株式

TFブレイクアウト読んでみた [株式トレード本]

投稿日:2019-06-20 更新日:

 

スポンサーリンク

ざっくり感想

感想としては、こういった手法が通用した時期が確実に存在したのだろうなという印象。株式相場で勝つ手法は日々変化するので。

他の印象としては図解がバーチャートなので、ローソク足になれている日本人は見にくいかもしれない、私も見にくかった(ちなみに著者も日本人なのですが…)。

テクニカル手法でシステム化が出来そうなのでシストレ向けの手法かもなーとも思った。

本の構成としては序盤に手法の解説があり、終盤に手法を実際の市場で使った具体的な実践結果等が書いてある。

 

スポンサーリンク

初めに

まずこの本はTOKYOFOXさんという方が書いた「TFブレイクアウト」というトレード手法紹介の本である。

TFブレイクアウトという手法の概要

TFブレイクアウトのTFとは「トレンドファブリック(トレンド構造)」という意味でその名の通りブレイクアウト手法(※1)の一種らしい。

※1 ブレイクアウトとはある価格まで上昇したら買い、ある価格まで下がったら売る、という手法。ある価格を「ブレイクアウトポイント、もしくはエントリポイントという

つまり底値や天井を正確に予測することは不可能なため、上げトレンドになったら買えばいいし、下げトレンドになったら売ればよい。という考えに基づいたトレード手法ということだ。

トレンドの定義とエントリポイント

上げトレンドは、高値更新、安値切り下げ

下げトレンドは、安値更新、高値切り下げでトレンドと判断し、そこでエントリする。何回出ればとかは一番気になるところかと思うがそこは結局個々人の判断かなと思う。

利益確定について

利食いにはトレイリングストップを使うとのこと。ストップは戻り高値を更新したときの二つ前の押し目と同水準に設定する。また、トレンドが変化した場合も決済する。

注意点

テクニカルは出来高の多い銘柄じゃないと機能しません…。(その通りですね)

取引においてマネーマネジメントは重要。またトレードを高める目的で著者はコーチング等も重要視していたとのこと。

また、自分の得た知識を与えることも重要との事、確かに自分に知識を定着させるためにはアウトプットする事でより知識が定着するというのはあるかも。そういった得た知識を与えるというのは仏教の八正道の影響もあるようだ。

補足

それと本文中に、縦軸を勝率、横軸を利益/リスクとした「勝率表」というマトリクスが書いてあった。表では利益/リスクが100%の時に勝率が50%と書いてあって数字の信ぴょう性はよくわからなかったが、勝率をこういった切り口で見る方法も有るのだなと感じた。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-書評, 株式

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

図解でわかる ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて 読んでみた おすすめです

最近しているスイングトレードをする際の意思決定の考えかたの作り方を支援してくれる良書。 以下のレビュー内容は個人的な備忘録であり内容を網羅的にまとめた内容では無いので、気になる方は購入するなり図書館等 …

デイトレード(オリバーぺレス) 読んでみた 当たり前ですが読んでも勝てるようにはなりません 有効なのはトレード日誌をつけること

 スポンサーリンク コンテンツ ざっくり感想印象に残った記述本書に書かれてるトレーディングにまつわる行動は正解とも不正解とも言えない 個人的にこれは確かに間違いないと感じた行動はトレードに関しての日記 …

「phpの絵本」(アンク著) 読んでみた

ざっくり感想 かなりわかりやすいと感じたが、初版のもので内容が古く、誤植なども多数あった。そのため、「PHPの絵本 第二版」というのを買いなおした。これから読もうと考えられている方には「PHPの絵本  …

家主と地主という雑誌を買ってみた

不動産は資金が無く買えないが、雑誌が近所の書店にあったので買ってみた。惹かれたのは、表紙にあった「家賃より三倍儲かる レンタルスペース運営者座談会」という点である。 自身ではないが友人が使い道に困って …

世紀の相場師ジェシーリバモア読んでみた -ピボタルポイントとは相場転換点のこと

 スポンサーリンク コンテンツ 結論読んでいて印象に残った点ピボタルポイント とは何かまとめ 結論 結論から言うと読み物として興味がある人は読んでみると良いのでは、という内容。 いわゆる「リチャード …