beyondnone.com

DIY、本のレビュー、断捨離、不動産取得、洋服修繕、株式分析、webサイト運営、php開発、タウン情報、等のライフスタイルに関するお役立ち情報。

書評 株式

世紀の相場師ジェシーリバモア読んでみた

投稿日:2019-04-27 更新日:

結論から言うと読み物として興味がある人は読んでみると良いのでは、程度の内容。

BNFが読んだ本という噂で、読んだかどうかの真偽は定かでないが、別にBNFの手法となんら関係性が無い。

読んでいて印象に残った部分は以下。

世紀の相場師ジェシーリバモア

ー企業の経営幹部等というのは結局チアリーダーなのだと悟った

ーリバモアの人生の最後は自殺

ーリバモアの反省と巻末にトレードルール(投資の鉄則)が載っている

ーリバモアの投資のキーポイントはピボタルポイントを読み解くこと
 -リバーサルピボタルポイント(地合い、いわば値動きの核となる部分が大きく方向展開するポイント)
  →売買高の大幅像と一緒にやってくるポイント
 -「コンティニューエーションピボタルポイント」(その直前までの動き、流れを確認する瞬間)
  →一定方向のトレンドを持ちながら、相場が一時的に反発したときのこと
 ※この考え方は株式市場だけでなく、すべての市場に通用するとのこと

ーセクターの主力株に注力すること

ー弱気、強気という言葉は使わない。最小抵抗線が上向きか下向きかという言葉を使う

ー結局相場で勝つコツは相場に沿うこと。相場は無限の難しさを誇るパズル

色々と株式や為替相場等に関する本を読んだことがある人なら目新しさは感じない内容だと思う。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-書評, 株式

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「マーケットの魔術師」ジャックシュワッガー 読んでみた

 スポンサーリンク 概要 ジャックシュワッガーのトレーダーが読む定番本である「マーケットの魔術師」。 実際にその時代で大きく勝っていた人達の話なので、現在そのままの手法が通用するかは置いといて、間違っ …

no image

高勝率トレード学のすすめを読んでみた

 スポンサーリンク 高勝率トレード学のすすめを読んでみた ざっくりした感想としては、おおむねトレードには役に立ちそうではあるが、日本語訳だからか少々読みにくいのと、同じようなことが繰り返し書かれている …

no image

ギャラリーフェイク16巻読んでみた

やっぱり面白い。 スタイルとしてはブラックジャックみたいな一話完結式(ピノコの役回りはアラブ美女のサラ)似たようなスタイルに美味しんぼとかザ・シェフとか。 特に刺さったエピソードは以下。 ・花と器(前 …

no image

歴史に学ぶリーダーの研究 読んでみた

フォードの伝記を読みたかったのだが、検索して出てきたのがこれで間違って図書館で借りてしまった本。 そのまま返すのもなんなので読んでみたが、個人的には大部分は面白くも無かったが、いくつか引っかかる部分も …

no image

四季報を読もうかと思ったが

ネットで本の四季報を買おうと思って調べていたら、SMBC日興証券のサイトで四季報に書いてあるデータが閲覧できるとのこと。チェックしてみたら確かに確認できる。 紙で見るのは手軽に見られるという利便性と、 …