beyondnone.com

DIY、本のレビュー、断捨離、不動産取得、洋服修繕、株式分析、webサイト運営、php開発、タウン情報、等のライフスタイルに関するお役立ち情報。

書評 株式

図解でわかる ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて 読んでみた おすすめです

投稿日:2019-03-26 更新日:

最近しているスイングトレードをする際の意思決定の考えかたの作り方を支援してくれる良書。

以下のレビュー内容は個人的な備忘録であり内容を網羅的にまとめた内容では無いので、気になる方は購入するなり図書館等で借りるなりし一読をお勧めする、トレードをしようという方なら損はしないかと。ちなみに私は町田図書館で借りた。

結局マーケットはランダムであるということ

マーケットはありとあらゆる情報を即座に織り込むため、結局はランダムウォーク(ブラウン運動に類似)になるという事を理解できた。また、真のランダムは50%で起こりうる事象が半々の順番で出てくるというようなことは無く、人間の認識からはかけ離れた傾向を見せる(例えば連続してコインの表だけが複数回出る、という事も良くある)ということだ。

利益が出るトレードの源泉となるポイントは3点

・リスクプレミアム

・ランダムでは無いトレンドとミーンリバージョン

・アービトラージ

リスクプレミアム

みんなが嫌うような銘柄が割安になるというようなイメージ(cf.不祥事企業、社会的にあまり歓迎されていない企業など)。

ランダムでは無いトレンドとミーンリバージョン

ランダムでは無いトレンドとは、多くの投資家の中で上か下かという判断が分かれており、結論を出すに至ってない認識(仮説もしくはシナリオ等)の結論が、少数の投資家から多数の投資家に伝播していく状況の中で生まれるトレンドの事だそうだ。

ミーンリバージョンとは、トレンドにより上または下に行き過ぎた株価がゴムが戻るように中心に戻っていく力の事。

アービトラージ

裁定取引のこと。二つの市場間で同一商品の価格差が生じたときに、その価格差で利益をだす手法。

投資に必要なものは

信念&柔軟な心。けして頑固&過敏ではダメということ。投資に限らずすべての物事にあたる姿勢として身に付ける必要がある。

投資時に注意する必要がある心理理論、プロスペクト理論とは

人間は得、利益を得る幸福感よりも損をする苦痛の方を忌避する、つまり損失回避を優先してしまう。利益については後の大きな利益よりも目の前の利益をすぐ得ることを優先してしまう。
 →株式取引では、目の前の少ない利益をすぐ利食いし、損失が出れば苦痛を感じる損失の確定(損切り)を避け塩漬けやナンピンをしてしまう傾向があり(しかも損の金額が多くなればなるほど正常性バイアスにより、損の苦痛は鈍麻する)、利小損大となってしまい、負ける。

ゲン担ぎについて

精神的負担を減らせるのであればするべき。→投資は精神的に過大な負担を強いられるため。(精神的なプレッシャーに極限まで耐えるスポーツ選手などがゲンを担ぐのもこういった理由から。極限までいくとこういった細かい行動で他のライバル選手と差別化するのだろう)

マハン大佐の教えとは

「過去の技術を研究し、その中から本質を見出し、自分なりの作戦原理を編み出す。借り物ではなく、自分自身で編み出した作戦原理だけが応用の効くものである」

これも投資に限らず何につけても言えること。肝に銘じたい。

 

次に読んでみたいのは

「タートル流投資の魔術」

「ジムクレイマーの株式投資大作戦(大底編)」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-書評, 株式

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

家主と地主という雑誌を買ってみた

不動産は資金が無く買えないが、雑誌が近所の書店にあったので買ってみた。惹かれたのは、表紙にあった「家賃より三倍儲かる レンタルスペース運営者座談会」という点である。 自身ではないが友人が使い道に困って …

ゾーン 相場心理学入門 読んでみた

 スポンサーリンク コンテンツ ゾーン 相場心理学入門読んでみた。個人的に感銘をうけた部分は以下。 ゾーン 相場心理学入門読んでみた。 結論から言うと、役に立つ事は書いてあると思うが、 文章が冗長でめ …

世紀の相場師ジェシーリバモア読んでみた -ピボタルポイントとは相場転換点のこと

 スポンサーリンク コンテンツ 結論読んでいて印象に残った点ピボタルポイント とは何かまとめ 結論 結論から言うと読み物として興味がある人は読んでみると良いのでは、という内容。 いわゆる「リチャード …

TFブレイクアウト読んでみた [株式トレード本]

 スポンサーリンク コンテンツ ざっくり感想初めにTFブレイクアウトという手法の概要トレンドの定義とエントリポイント利益確定について注意点補足 ざっくり感想 感想としては、こういった手法が通用した時期 …

「phpの絵本」(アンク著) 読んでみた

ざっくり感想 かなりわかりやすいと感じたが、初版のもので内容が古く、誤植なども多数あった。そのため、「PHPの絵本 第二版」というのを買いなおした。これから読もうと考えられている方には「PHPの絵本  …